スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレンチブルドッグひろば
事故もらいました
Sun.24.11.2013 Posted in 出来事
那須からの帰り、ちょこちょこお土産を買って6時間の渋滞を抜け、あと5分で
我が家という場所のT字の大きな交差点でした。

私達の車は赤信号で停まっていたのです。
すると、ものすごい勢いで右側から車が飛んで来て(飛んでるように見えたのです)、
「わっ死ぬ」と思った瞬間強い衝撃を受けました。
左折しきれなかった車(ブラック)が私達の車(シルバー)に正面衝突したのです。


aaIMGP0404.jpg

R0066387.jpg


この事故で愛着のある車を失いました。
全損で廃車です。

相手の車に乗車していた二名は救急搬送、私も胸を強く打ち運ばれました。
残ったのは負傷しながらも事故対応をしてくれたとうちゃんとブブカ。

その後約2時間、とうちゃんは車外で警察やレッカーの人に対応し、ブブカは
車内にひとり。
ブブカ、最初は興奮してウロウロしていたけどそのうち寝始めたと後から聞きました。

事故が起きた時、ブブカは後部座席でぐっすり眠っていました。
ショルダーハーネスをつけリードをヘッドレストに繋いで周りはクッションに囲まれて
いたので、どこかを強く打ったようではなかったのですが、主治医の所へ行くまでは
とても不安でした。


見た感じは大したことない事故のようですが、車の中で一番硬い車軸に当たったため
グシャッとならずにすんだようです。中で車軸が曲がっていて、警察の方にも
救急の方にもレッカーの方にも「運転手さんよく助かったねぇ、あと70㎝ずれていたら
命がなかったかも…」と言われ、とうちゃん背筋がゾッとしたと言っておりました。
今考えても恐ろしくなります。

とうちゃんがいろいろ対応している間、私は救急車の中からとにかくブブカを避難
させたくて友達にメールをし、病院で一通り検査をし、とうちゃんに電話をすると
車がそのままレッカー移動されると言うのです。

みなさん、考えてみて下さい!
旅行からの帰り、たくさんの荷物と愛犬を乗せた車がそのままレッカーされる。
どうしたらいいのか?
一瞬パニックになりますよね!

それでとうちゃんタクシーを呼ぼうとしたら、レッカーのお兄さんが犬好きで
家が近いなら寄ってくれると言ってくれたらしく、ブブカも車ごとレッカー
されました(笑)笑い事じゃない


その時の私は骨折はしておらず、胸の打撲、頸椎捻挫、シートベルトで首を切った
程度で、息苦しさも治まったのでタクシーで家に帰り、レッカーされてくる車を
待ちました。

その後無惨な姿になった車が到着し、荷物とブブカを家に運びました。
夜中なのに友達が手伝いに出て来てくれ、その友達の顔を見て何だかものすごく
ホッとしたのを覚えています。

そしてそれが愛車との別れでした。
もうずい分乗っていたけれど、故障もせず私達のライフスタイルに合ったとても
いい車だったんです。
日本中走った思い出がいっぱいありました。


頑張ったとうちゃんも事故の翌日病院に行き、左膝打撲、頸椎捻挫の診断を
受けました。
今も二人ともリハビリに通っています。


そしてあの日から今日まで、いろんな感情が湧きあがって来ました。

人にケガをさせ車を廃車にし、生活を一変させたのに謝りもしない加害者。
0対100で完全に相手に非があるのに、こちらをイライラさせるのらりくらりした
対応の相手の保険会社。
ひとつひとつ書きたいぐらい腹立たしいことがたくさんありました。
「私達、被害者だよね」ととうちゃんと何度も言い合い、身体も痛いのに
精神的にも追いつめられるような日々でした。

今もまだ通院もしているので決着はついていません。
が、命があって良かった、真夏じゃなくて良かった、ブブカが無事で良かった、
二人とも意識があって良かった、事故現場が家から近くて良かったーーーー!
と、良かったことの方を一つ一つ考えるようになりました。


そんな訳で、楽しみにしていた秋のイベントをいくつかキャンセルし、家で
おとなしくしています。
車はどうしても必要なので早急に決めたのですが、納車がまだまだ先なので。


みなさん、0対100で相手が悪いからと言って多額の保障をしてもらったと思われたら
大間違いですよ
結局私達の生活を助けてくれたのは、私達が入っていた保険なんです。
しなくていい勉強をさせてもらいました。
詳しく聞きたいと思われる方は個人的にどうぞ(笑)


さて、車のない生活で心配なのはブブカが急病になった時です。
なんせ今まで何時でも何処でも車を使っていたので、主治医の所も少し距離があります。
同じマンションの犬友さんが快く協力してくれると言って下さったのですが、
とにかくブブカに何事も起こらないことだけを日々祈っている今日この頃です。



冬の風物詩。
こたつから上半身だけ出して気持ち良さそうなイビキをかくこの姿が見られることに
幸せをかみしめています。

R0067025.jpg
(目は開いてるけど寝ています)



はぁ~、いっぱい書いた~、書いてやったぁ
これで心の区切りつけよっと




フレンチブルドッグひろば

« 祝☆6歳 | Home | 那須~フガサミット後編~ »

comments

ハッピーとうちゃんへ

ありがとう~

たくさんイライラムカムカメソメソして、正義ってなんだ!?って
思ったりしたよぉ(笑)
でもブブカの寝顔を見てると、みんな無事で良かった~って
しみじみ思う。
やっぱり元気が一番だね!

梅松父さんへ

こんにちは~お久しぶりです♪

こんな事がなければメコパンで梅ちゃんやななちゃんに会えたのに~(涙)
でもブブカが無事だったことが本当にホッ、です。

本当に大変だったね。
いろいろ不満もあるのは当然だけど、本当にみんな大怪我がなくて良かったよ。なかなかそうは思えないと思うけど運が良かったよ。
お大事にね。

取り敢えずホッ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。