スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレンチブルドッグひろば
乾性角結膜炎
Thu.09.04.2015 Posted in 病院
ブブちゃん、三月中旬から目ヤニが多くなったのでかかりつけ医に受診したところ

乾性角結膜炎と診断されました
いわゆるドライアイです

一週間、ヒアレイン点眼と結膜炎治療の眼軟膏を使用したあと、涙の生産量を増やす
眼軟膏を一日二回投与し始めました。

IMG_4502.jpg

落ち着いて来たら一日一回の投与でいいそうですが、この軟膏なかなかなお値段で
保険に入っていて良かった~と思うほど。

しかも、一度使い始めたらずーっと投与しなければ悪化してしまうらしく、早く安定して
涙が生産出来るようにと願うばかり。

その軟膏を使い始めて一週間経った頃、再診に行ってきました


涙の量を測定するシルマー涙液試験というのをします。

IMG_4602.jpg

リトマス試験紙のようなものの先を少し折って下まぶたに挟んで1分間待ちます。

1分って長いですよ~
いくら大人しいブブちんでも、この状態で1分間、だんだん身体がプルプルしてきて
ウ~ウ~とじれったい声を発して来ます
私は横で応援団 「ガンバレ~、もう少しだ~、耐えろ~」と言っております


1分間我慢した結果、正常値まで涙か出て来ていました

2週間前はその半分だったので、順調なようです


でも今月末までは一日二回の投与を続け、また再診することになりました。


犬のドライアイ、大きなお目目のワンちゃんはなりやすいようです。
もちろん原因は様々ですが、加齢も原因の一つであり、ブブカの場合は
もっとも多い原因の免疫介在性疾患と言われる免疫システムの異常から来るものだ
と思います。

悪化すると傷つきやすく炎症を起こしやすくなるので、しっかりと経過を診て行かなくては
なりません。


いかにもパサパサしてそうな私の眼もドライアイだけど、こんなウルウルした眼も
そうなんだ

訳もわからず眼に軟膏入れられても暴れずに受け入れてくれて、本当に助かるよ~


でも、免疫システムと言われると、身体の中から何とかならないか考えちゃうな。
ワン友さんに聞いてみよ






フレンチブルドッグひろば
スポンサーサイト
DOG DOC
Sun.22.02.2015 Posted in 病院
昨日は、ドッグドックを受けに2歳の時に軟口蓋の手術を受けた病院に
行って来ました。(ちなみに、今のかかりつけ医はそこの病院で副院長をしていた
先生が開業された病院です)

7歳にして初めてのドッグドック。
病院に預けるのも軟口蓋の手術以来の2回目です。

朝から「ボクのご飯は」という問いかけを無視することの、まぁつらかったこと

看護師さんに連れて行かれた時の見開いた不安いっぱいの目。
「夕方迎えに来るから大丈夫よ~」と声を出してしまいました


R0077680.jpg

朝11時半に預けて結果を聞いた夜7時まで、ブブちんよく頑張りました

その頑張った結果はその日のうちにファイルにして頂けて、院長先生から直接説明も
して頂きました。


検査は、尿、便、血液の基本検査に、腹部エコーとレントゲンを二枚で、心臓のエコーと
心電図は先生の判断で追加して下さいとお願いしました。(心臓に異常がなくエコーと
心電図はやりませんでした)

結果は、気になっていた軟口蓋の経過は良好、フレブル特有の背骨の変形は見られる
ものの椎間板ヘルニアの症状につながるものはなし、尿も薄く充分水分も採れていて
歯もキレイ、と言ってもらえました


R0077682.jpg


そして血液検査、
「どの項目も標準値のほぼ真ん中でパーフェクト、なかなかこんな子は
いませんよ」と言って頂き、赤面するほど嬉しかったです

生後4ヶ月から手作り食にしているので、年を追うごとに血液検査の結果は
ドキドキです。
手探りで始めた手作り食の弊害がそろそろ出て来る頃かもしれませんから。


R0077684.jpg


今回のドックでは特別な異常は見つからなかったものの、やはり年齢的に
激しい運動は控え少し痩せましょうと言われてしまいました

あはは、やっぱり




昨日はよっぽど疲れたのでしょう、今日はもうずっとコタツの中でゾウガメに
なっています


R0077703.jpg


ブブちゃん、
そろそろボール投げも卒業しないとね、ご飯のお肉も減らさないと。

グルコサミン系のサプリメントも始めよう。


ママと一緒に頑張ろうね

R0077669.jpg


ドッグドック、やって良かった~
ブブカの背骨についてとても詳しく聞けて勉強になったし、ブブカにとって
もう必要じゃないもの、これから必要なものなど、改めて考えるきっかけに
なりました

これからは、半年ごとに尿・便・血液検査、一年に一度はドッグドック。
でも何より大切なのは、飼い主が毎日触って少しでも早く異変に気付くこと。
そういうことですね



フレンチブルドッグひろば
病院と買い出し
Mon.07.10.2013 Posted in 病院
一度はキレイになった皮膚ですが、海遊びした三日後ぐらいからまた
ポツポツとお腹にブツが出来始め、少しづつ広がって来たので、
昨日病院に行って来ました

今までは身体の内側にしかブツが出来なかったのに、今回は背中や肘なんかにも
出来たので気になったのですが、どうやら同じもののようで、まぁ一安心


R0065716.jpg
肛門腺しぼられてるところ。
  歯くいしばってるよね(笑)

海水に浸かったのがいけないのかなぁと思ったのですが、季節の変わり目で
ブツブツが出来る子が多いとのこと。
またしばらくお薬です



病院の後はホームセンターに行きました。

日曜日は人も多く賑やかなので、大興奮になると見込んでクールスヌード装着


R0065725.jpg



「どんどんボクの場所が狭くなるじょー

R0065730.jpg


商品を見ていると、年配のご夫婦に「それは何ですか?」と尋ねられました。
「暑がりなので首を冷やしてるんです。」と言うと、「うちもフレンチがいるので」と。

えっどこどこ?と探しましたが、この日はご夫婦だけでした。
その後「それはどこに売ってるんですか?」と聞いてこられたので、
「これはクールスヌードと言って、ブルドスというお店で売っています。実店舗は
下北沢にあってネットでも買えますよ。」と説明するととても興味深げに
聞いて下さるので、
「ここにこうやって5個も保冷剤が入って、ちゃんとゴムで調節も出来て…
他にもクールバンダナとかクールタイとかクールエプロンとかいろいろな商品名で
いろいろ出てますから…うんぬんかんぬん」と、そのブヒちゃんにどういう
暑さ対策をしているかも聞かないで、一方的にしゃべってしまいました。

すごく一生懸命聞いて下さって、いっぱいお礼を言われたんだけど、
商品名覚えられたかなぁ…クールクールって連発したから、ネットで検索したら
何とかたどり着けると思うんだけど…

少し離れたところに居たとうちゃんが、私が話している時の身振り手振りが
面白かったと笑っていました
フレブルのこととなると、つい熱が入っちゃうのよねぇ





R0065732.jpg


荷物は一緒に運びました(笑)






フレンチブルドッグひろば
おデブでブツ子
Mon.09.09.2013 Posted in 病院

とうちゃんのオマタでのお昼寝、至福の時だね~


R0064701.jpg


でも皮膚には、毎年恒例のブツ子が出現しています(皮膚に出来るブツブツのことね)

到来が遅いので、もしや今年は来ないのかと淡い期待を抱いていたら
みごと打ち破られました

二、三個お腹にブツブツが出来たのを見つけ「やっぱり来たか」と思っていたら
一晩で一気に出現しました。
あの暑さがぶり返した時です。


R0064739.jpg
右の脇です。

ブブカは全く掻かないのでそれが救いなのですが、もちろん病院に行って
お薬もらって来ましたよ

でもその時先生がブブカを一目見るなり「あれ、太った」って言ったんです

「は、はい。夏はどうしても運動不足でぇ、ご飯減らしてるんですけどぉ
と、しどろもどろになる私。


そりゃもうね、こんなパーンって張ったいかにも美味しそうな身体を毎日
見てますからね、とっくに気付いてダイエットに励んではいるのです

R0064774.jpg



でもなかなか減らないんですよね~
私がキッチンにいると必ずおねだりにやって来るし

R0064759.jpg


もともと市販のオヤツはあまりあげないんです。
最近はおねだりに来てもキャベツの芯のちっちゃいのとか、豆腐とかを
あげるだけ。
それでもうれしそうだから、ダイエット頑張ろうね

おデブちゃんは可愛いけど、腰にもノドにも悪いし万病の元だもんね。
まだまだ元気なブブちゃんと東京オリンピック一緒に見たいもんね


やっぱり先生に指摘されると気が引き締まるわぁ
(現在ブツ子は随時消滅中です




フレンチブルドッグひろば
点眼ライフ
Mon.15.07.2013 Posted in 病院
毎日暑いですねぇ

暑い暑い暑い暑い

暑いのが苦手な私とブブカは、早く冬がくればいいと願っております


R0063855.jpg


散歩以外は涼しい部屋でこんな風に寝てるブブカ君ですが、6月中旬に
おもちゃが眼に当たり、角膜にキズを負い、眼の中もブドウ膜炎という炎症を
起こしてしまいました

かもめの先生(かかりつけ医)に眼の専門医を紹介して頂き、春に開院したばかりの
横浜どうぶつ眼科で診ていただきました。

R0063598.jpg


横浜どうぶつ眼科は、待合室も広く清潔で、院長先生はとても丁寧に症状や治療方針を
説明して下さり、やはり専門医が近くにあるって心強いと心底感じた次第

治療は、目薬2種とほんの少しのステロイドを服用。


北海道の友達が送ってくれたプリップリのアスパラガスと見せかけて、

R0063613.jpg



目薬

R0063608.jpg



「パイナップル食べる~」と言っておいて

R0063766.jpg



目薬。

R0063776.jpg



またまたお友達から頂いた夕張メロンをちら見せして

R0063811.jpg



やっぱり目薬で

R0063814.jpg



という感じで~、
あっ、ちゃんと点眼の後あげてますよ

R0063796.jpg


という感じで頑張っていたのですが、キズの治りが遅くてハラハラしました。
でも今は完治していますよ

やはりフレブルやパグのように眼が出ている犬種は、ケガしやすく治りが遅い
そうです。

今回の一件から、毎日目薬を点眼し、三ヶ月ごとに検診をすることに致しました。
なかなかに世話のやけるおぼちゃまでございます

そんな風に涙の役目をする点眼を始めて三週間。
よく出ていた目ヤニがほとんど出なくなり、涙やけがうすくなってきました
水分は充分採っているはずなのに、とずっと気になっていた涙やけの原因が
眼にあったんだねぇ


毎日三回点眼しているので、目薬イコール美味しい物とインプットされたブブちん。
毎回オヤツあげてるわけじゃないんですけどね。
最近では目薬を持つと下にオスワリするようになりました

R0063830.jpg


食いしん坊、バンザイ

ビバ点眼ライフ

しかし、オヤツの分だけゴハンが減っていることに彼は気付いていない。
ふふふ(笑)



フレンチブルドッグひろば

NEXT PAGE »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。